理想の目を手に入れるには

施術

自分の希望を正確に伝える

綺麗な目元は多くの人に憧れであり、二重整形はその筆頭として美容整形の中でもとりわけ高い人気を誇ります。しかし大切な体に侵襲を行う美容整形である以上、気をつけるべき点も当然存在します。特に気をつけておきたいのが、医師に伝えたオーダーが本当に自分でも満足できるか今一度確認することです。一度オーダーを伝えて施術を行うと、再施術を行うには費用と体の負担の両方が掛かります。欧米人のような幅広の二重のように派手な目元を希望する場合も、その目を生涯に渡って愛せるかどうか熟慮をして決めることが大切です。もし不安がある場合は比較的施術のやり直しが簡単な埋没法を選ぶという手もあります。またまぶたの腫れが収まる期間についても気をつけておいた方が安心です。日常の動作や仕事にも支障が出やすいため、事前に知った上で施術に臨んだ方が後々困ることがないためです。一般的に二重整形は2種類の手術法があって、埋没法の場合は3日前後、切除法による手術だと1週間から2週間程度のまぶたの腫れがあります。施術をどちらか選ぶときも料金だけでなく、術後の腫れが収まるダウンタイムを考慮して決めるのがベストです。施術後の秘匿性についても気をつけたいポイントです。二重整形をしたことを他人に知られてよいかどうかは個人の違いがあるので、医師に自分の意思をはっきりと伝える必要があります。数多くの美容外科からどれを選べばよいかは美容医療の経験者でも迷うことは珍しくありません。二重整形の美容外科を選ぶときにも考慮すべきポイントは多いですが、良い医師とクリニックに出会うためにもそれらは重要です。ポイントの第一は、クリニックではなく担当する医師の良し悪しで受診する所を決めることです。特に大手の美容整形外科のように複数の医師が在籍する所では、担当医次第で二重整形の仕上がりも違ってきます。実際に医師と話して受けた印象だけでなく、実績や経歴なども考慮してクリニックを決めるようにします。また友人からの紹介制度があるクリニックならば特定の医師を紹介してもらうといった事も可能です。第二のポイントが、カウンセリングから施術、そして術後のアフターケアに至る一貫性についてです。カウンセリングと施術の担当が違うからそれが悪いとは限りませんが、患者との意思の齟齬が起こりやすいというリスクがあります。安心して施術が受けられるという観点からも、人とサービスの一貫性が保たれている方が望ましいと言えます。最後に第三のポイントが、自分の持つ美的センスを理解してくれる医師を見つけることです。例えどれほど医師の腕が良くても、それが自分の美的センスと合わない二重整形であれば意味がありません。カウンセリングなどを通して互いの意思疎通を深め、自分の望む美しい二重を理解して具現化できる医師がその人にとっての最良の名医です。

Copyright© 2018 二重整形で手軽にイメチェン【見た目のイメージを変化させる】 All Rights Reserved.